Soul Boy : Khalil Fong :*recommend (music)#.2


Khalil Fong

e0045258_2241522.jpg
『まさに…“SOUL BOY”。器用すぎる...R&B新人“カリウ・フォン”デビュー』

ハワイから香港へ・・・。
2005年11月18日にデビューアルバムを発表したばかりの“ニューカマー”Khalil Fong。

*recommend (music)#.2は、Khalil Fong『Soul Boy』についてをUPします。

昨年の12月頭、偶然耳にしたカリウの曲、『南音/Southern Sounds』“一聴惚れ”
この曲目当てに…ろくな前情報もないまま…数日後にはアルバムを手にしておりました。

『Soul Boy』
このタイトルからして…「R&Bテイストな楽曲が多いアルバムなのかな?」
と思っておりましたが…“多い”なんてものじゃありませんでした。
このアルバム・・・どこを切ってもR&BそしてSOULそのものでした…。
(例えていうなら…“Tony! Toni! Tone!”のようなSOULスタイル)

“ホヤホヤの新人”、そして…“香港ミュージックシーン”という事もあり…
楽曲に関する事以外、つまり“どんな人物なのか?”が…全く掴めていなかったんです…。
という訳で・・・
唯一(自分の見つけた中で…)バックグラウンドを掲載しているYESASIAさんから、
お知恵を拝借いたします…。
以下、YESASIAさんからプロフィールの引用をさせていただき…簡単にまとめてみました。

『方大同/Khalil Fong』

*ハワイ生まれで、ドラマーの父を持ち…常に身の回りに音楽があふれていた…らしい。
*5歳のときに映画『ラ・バンバ』を見て…
“リッチー・ヴァレンス”と“フィフティーズ・サウンド”に魅了されて以来、音楽の道をまっしぐら…だそうな。
*音楽的に“マイケル・ジャクソン”や“スティービー・ワンダー”らに影響を受けたらしい。

また、“彼の作る音楽は、70年代ソウルの香りを漂わせる”…とも書いてあります。

と、こんな人物な訳ですが…
どうやら...“音楽センス”を育むうえで大変恵まれた土壌に育った様ですね…。

さて…カリウの“音楽漬けなバックグラウンド”…大変羨ましいかぎりですが…
そろそろ、彼が創作している“今”の音楽に話を戻します・・・。

…このアルバムの“中身”...“デビュー作”にしては潔すぎるんです…色々と。
先ず…
デビュー作だというのに…アジア的には必須の“バラード”が収録されていないんです。
心地良いミディアムナンバーと突き抜けたソウルナンバーが全編を支配し、
『Soul Boy』の名に恥じない…一貫性を持った作品に仕上がっています。




“香港、アジア”での発売という事を考慮して、
ある程度、幅広い層のリスナーを獲得しようと考えたら…
バラエティ豊かなテイストを詰め込んで“取っ付き易く”仕上げそうなものですよね。
“先ずは聴いてもらおう”と。
しかし…カリウの辞書には『香港向け、アジア向け』などの…文字は無さそうです。
(アジアや香港のリスナーをおざなりにしているという意味では決してないです…)
あくまでも自己解釈ですが…
『自分の大好きなR&Bのアルバムを創りました。よかったら聴いてみてよね。』
こんな…気負わない人物なのではないかな…と。

ちなみに…
カリウは香港の新人らしいのですが、アルバムは丸ごと“北京語”で展開しております。
“北京語”の響き X“R&B”に弱い筆者にとっては…混じりけがなく......
大変ありがたい構成でもあります。

(余談ですが…香港映画は“広東語”じゃないと逆に調子狂います…勝手です…)

実際のところ…彼がどんな人物なのか?は…いつまでたっても分かりそうにありませんが…
彼の、デビュー作ヘの入魂具合には…ただただ…感服です。
「この年齢不祥(自分が知らないだけ)の新人…今までどこに潜んでいたんだろう…」
と、頭を捻ってしまう程の…新人らしからぬ玄人ぶりなんですよ。
(というより…ベテラン以上の貫禄です…)

アルバムを聴き始めた頃、ふと…思い立ち、作曲、楽器等の職人欄を見てみる事に。
“ブックレット”を取り出し、軽~く目を通していたのですが…
なんというか…ある事に驚いてしまい、いつのまにか…“軽~く”が→“真剣”に…。

ブックレットによると…
作曲→Khalil Fong(全て),編曲→Khalil Fong(全て),
作詞→Khalil Fong(*12曲中7曲担当),*本当は全13曲。内1曲は既存の楽曲をアレンジ。
プロデュース→Khalil Fong+2名の共同,
そして・・・・・全楽器…→Khalil Fong…。


『all vocals & instruments by khalil fong』

まるで…レニー・クラビッツのデビュー作状態ではないですか…。
(好みかどうかは別にして…全てに手を出す“マルチぶり”…そんな意味合いです)

作詞&作曲は予想の範囲内でしたが…まさか“全楽器”とは思ってもみなかったんですよね…。
その時から…すっかり色々な意味で“興味津々”になり…
「カリウ以外の人間が…専門分野で参加している“部分”はどこなのか???」
こんなことを思いながら…目を皿にして、各部門の“職人”探しをしてしまった程…。

記載によると、ミックスはカリウではなく…全て他者に任せてありました。
あとは数曲のアクセント的“追加楽器”にも他者のクレジットが。
(専門奏者を少し(2,3人)加えてはいるものの…本当は全てこなせそうな感じです…。)

…こんなことから…『Khalilは器用すぎる』と。

さて、さて…肝心の“楽曲、歌声”は???というと、
*歌声:
R&B、SOUL等を歌うのに“どんぴしゃり”で、ハスキーな伸びやかさが気持ちのいい歌声。

*楽曲:
“生粋”のR&B、SOULサウンド+“東洋の美意識”をさりげない形で取り入れた、
極めて自然体に聴こえる楽曲が多い。(が…実は、かなり凝っている気がします)

また、“恋愛ソング”的な歌詞とは一線を画する…多岐にわたる題材の歌詞を
これらのサウンドに乗せているところも興味深い。
“整然とした言葉の響き”が、グルーブ感溢れる楽曲にピタリとはまっていて、大変心地いい。

以下…特に気に入った楽曲です。

『南音/Southern Sounds』


冒頭にも書きましたが…“一聴惚れ”してしまった曲が、この南音
彼が多大な影響を受けた“スティービー・ワンダー”ヘの敬意を表した楽曲のようです。

ノスタルジックで影のあるピアノの調べと、カリウの押さえた歌唱で始まるこの曲ですが、
サビにさしかかる頃から、そのハスキーな歌声とピアノが序々に躍動感を増していきます。

非常に耳に心地良い言葉の響きとキャッチーなメロディーが繰り返されるサビ部分、
押さえ気味な前半と終盤の盛り上がりとの対比が鮮やかな、聴き応えのある楽曲です。
ピアノのシンプルな演奏が主軸ですが、後半には東洋的な音も散りばめられています。


やはり…アルバムを入手し、全楽曲を聴いた後も…この南音が一番好みの楽曲でした。
(とはいえ、他の楽曲も大変気持のいいサウンドばかりです)

『春風吹/Spring Breeze』

カリウ自身の“声”をフィーチャーし、リズム重視に展開する、味のある春風吹
楽器は僅かなベースと後半のピアノのみ、基本的には“声のみ”で抑揚をつけています。
聴けば聴くほど…味が出る、素朴なようで複雑な…つかみどころのない1曲。

ちなみに、この曲の“吹吹風MIX”なるものが彼のサイトに置いてあります。(約40秒)
こちらはリズム重視ではなく“アコースティックギター”の先導で淡々と展開し、
よりムーディーな仕上がりになっております。(力の抜け加減がたまりません)
どちらも、甲乙つけがたい出来で…願わくば“吹吹風MIX”を最後まで聴いてみたい...。

上記の曲は、Khalil所属の『WARNER MUSIC HONG KONG』さんのWEB内で
1曲丸ごと視聴する事ができます。

(…ここで、初めて彼の“動く”姿を観たのですが…やはり一筋縄ではいかなそうな雰囲気です…)
*注:上記のサイトは、いきなり“音楽が流れる仕様”ですので音量に御注意ください。
*上から2段目をクリックすると、視聴用のページになります。

個人的には、彼の創る“コテコテなR&Bバラード”も…次回作で聴いてみたいです。
ただ…どれだけ才能溢れるミュージシャンでも…人気、その他の要因が複雑に絡み合い…
順調にアルバムを発表し続けていけるのか???は分からないんですよね…。
(将来の有望な新人がいても…何時の間にかフェードアウトしてしまう事が…過去に何度も有ったので…)

…“器用貧乏”で“息の短い”ミュージシャンになることなく…
“器用”で“息の長い”ミュージシャンとして良質な音楽を聴かせ続けて欲しい…
早くも…そんな事を願ってしまう、期待してしまう…大型新人、Khalil Fong

何はともあれ…
アルバムを発表する毎に、“必ず”チェックしたいアーティストが1人増えました。
(…次のアルバムで、どう攻めてくるのか…その方向性も楽しみです。)


See Ya!!e0045258_52784.jpg
[PR]
by mihhoT | 2006-02-22 05:34 | *recommend


<< Seasons Of Love... FABULOUS!!!!!!&... >>