太美麗/Beautiful: David Tao :*recommend (simple・ver.)#.1


OLD SKOOL STYLE
e0045258_0513860.jpg

『David Taoが5作目のニューアルバムをリリース』

以前にも記事をUPしたことのある、台湾の“大物”ミュージシャン“David Tao”
黒色柳丁/Black Tangelin : David Tao :H.R.(*hyper recommend)#.1
そんなタオが、先ごろ(8月4日)通算5作目となるスタジオアルバムをリリースいたしました。
という訳で…
*recommend (simple・version)#.1David Tao の新譜『太美麗/Beautiful』です。


…実は、新譜が出ることを知ったのは不覚にも…発売日直前。
(“新譜発売のお知らせ&予約開始メール”様々です…)
勝手にチェックを怠っていただけなのになんですが…寝耳に水でした……。

前作『太平盛世/The Great Leap 2005』のリリース日が2005年の1月なので、
約一年半ぶりの新譜ということになります。

…これまでのアルバムが2年(以上…)間隔で発表されていたということもあり、
最近は、かなり情報に関してはノーチェックだったんです…「今年は出ないだろうなぁ」
こんな思い込みのせいで……。

…驚きはしましたが、“タオの新譜が2年連続で聴けるなんて!”と、嬉しくなり…
何かしら聴いてみたくてソワソワしてしまいました。
が、「数日待てば聴けるんだし…それまで寝かせて(聴きたい気持を…)おこう…かな……」
と腹を決め…事前に1滴も聴かないまま新譜を手にすることに。

そのお陰で…“初試聴タイム”は強烈にインパクトがあって楽しかったです、“大正解”…でした。




それならば…毎回、誰の新譜を聴く時でも、前もって小出しで聴かなければ良いのでは…
という感じですが、今回のように超直前に知った場合以外は…聴くのを我慢するのは相当難しい……。
ワンフレーズでもいいから“どんなメロディーなのか”耳にしたい…それが本音です。
今回だって、数週間も前から知っていたら…ウズウズして試聴サイトに足を伸ばしていた事でしょう。
(その結果…アルバム発売時、本当に初めて聴く楽曲が4、5曲になってしまうのですが…)

メロディーやスタイルすら想像もつかない楽曲、それが13曲分続くというのは、
先が読めず…ボリュームもたっぷり。
かなり特した気分だったので…クセになりそうでもあります。



…いつにも増して個人的な前置きが長くなってしまいました……。
(“シンプルにお薦め”したかったのに…余談が場所を取ってしまい、頭でっかちに…)

発売から数日しか経っていないこともあり、第一印象に頼った感想になってしまいますが…
現時点で、“特に”心惹かれている楽曲を挙げてみたいと思います。

*2曲目『忘不了/Can't Get You Outta My Mind』
アルバムのオープニング曲で、冒頭から最後まで『楽しい!♪』と心底思えるナンバー。
前回の記事に書きました『一作目から続いている“古き良き時代ヘのオマージュ”シリーズ』、
今作は、“このシリーズ=忘不了”での幕開けだったので「!」状態でした。
(個人的に…毎アルバム中、特に好きになる楽曲が“このシリーズ”な為…)

一気に…半世紀前に飛んでしまいそうな、管楽器・トイピアノ等のファンクな味付けが秀逸。
本当に「楽しい」気分にさせてくれる、“忘不了/Can't Get You Outta My Mind”。
“風船と鳩が一斉に舞い上がって…ヒラヒラしている”…
そんなカラフルで大げさなくらいのイメージが…浮かんだりする程です……。
(暑いせいかもしれませんが…)

*5曲目『那一瞬間/The Moment』
冒頭からセクシーな空気が漂っていたので…
どちらかというと落ち着いたバラードかと思い、普通に聴いていたのですが…
余りの熱っぽさに…途中で震えが来てしまいました。
中盤から終盤にかけての昇りっぱなしな盛り上り、魂の込もった唄いっぷりは圧巻です。

*10曲目『今天[女尓]要嫁給我/Marry Me Today』
レトロムード満点で、可愛らしい1曲。
(米国のVoグループ“フォーシーズンズ”を彷彿させる、暖かい雰囲気が心地良いです。)
フィーチャリングに迎えた“*JOLIN”との“甘い声X甘い声”の掛け合いが効いていて、
クラクラするほど…甘~いナンバーになっています。

*JOLIN:台湾で不動の人気を誇る女性シンガー。

以上が、全13曲中(今のところ…)特に気に入っている楽曲です。

あと数曲…

3曲目『太美麗/Too Beautiful』
ストリングスをふんだんに使用した、タイトル通りの壮大で美しいバラード。
(なんとなく…歌い出しの旋律が、過去の楽曲「“*I Believe ”の雰囲気を持っているな」と感じました)

*I Believe:映画「アトランティス 失われた帝国」の中国語版主題歌用に書き下ろした楽曲。

4曲目『追/The Chase』
スペイン語(?…)の語りで始まるAORナンバーにラテンフレーバーが絡まりあった面白い1曲。
“ラテンの哀愁要素+AOR”で展開する“大人な”楽曲かと思いきや…
サビで“ガラッ”(本当に“ガラッ”です)と曲調が一転、“ラテンの陽気要素+POPS”に。

まさに“タオ節”といった感じの広がりのある透き通ったサビです。
(“陽気”sideは、*A-meiに提供した楽曲、“* High High High”のノリに近くて…弾けています)
洗練された音を主軸にし、ラテンの“哀感と底抜けの明るさ”を同時に表現、
タオの職人ぶり…更に進化している気がします。

*A-mei:高い歌唱力を持った、台湾の人気女性シンガー。
* High High High:タオがA-meiのアルバムに提供したラテンなノリのパワフルな楽曲。

*and...*
…いつになく凄いボリュームの『Thank You』リスト@ブックレット。
(“各人に向けたメッセージ付”で“らしさ”全開)
なんだか…その“長さ”に妙に共感…。


少し元気が足りない時、なんとなく聴き始めたとしても…
“いつのまにか口元がほころんでしまう”そんな暖かさと明るさを持ったアルバム
『太美麗/Beautiful』

丸腰の“David Tao”が作り上げた“美しい”一品です。

e0045258_23515686.jpg
See Ya!!

*David Tao @ My Space
*David Taoオフィシャルサイト
[PR]
by mihhoT | 2006-08-18 00:08 | *recommend (S・ver.)


<< top ... Seasons Of Love... >>