カテゴリ:*hyper recommend( 3 )

Seasons Of Love: RENT “Soundtrack”: H.R.(*hyper recommend)#.2


Five hundred twenty five thousand-
six hundred minutes~
e0045258_8124832.jpg
先頃、日本盤のサウンドトラックもリリースされ、いよいよ今月末から劇場公開される 映画版 『RENT』

H.R.(*hyper recommend)#.2は、このサントラからの1曲 『Seasons Of Love』

1996年に上演を開始した、ブロードウェイ・ミュージカルの名作『RENT』。
このミュージカル版を(ほぼ)オリジナル・キャストで“完全再現”したとされるのが、近日公開の 『映画版:RENT』

映画版サントラのプロデュース&アレンジを手掛けているのは“Rob Cavallo”。
(ちなみに、ミュージカル版のアルバムは、楽曲が舞台の流れに沿って完全収録されています)
“ROB CAVALLO”はGreen DayやGoo Goo Dollsのアルバムを手掛けたこともある、
Rock畑なプロデューサー。
アレンジも彼が担当し、ミュージカル版の“熱さ、楽曲の良さ”を損なうことなく…
“より聴き易く”仕上げています。
(決して…ミュージカル版が“聴き難い”という意味ではありません)

…少し横道に反れてしまいますが
このアルバムのMIXを担当している“DOUG McKEAN”
ストリングス&ホーン・アレンジ担当の“DAVID CAMPBELL”、そしてギター担当の“TIM PIERCE”
彼らも“ROB CAVALLO”同様、上記のGoo Goo Dollsと仕事をしています。
“DOUG McKEAN”はエンジニアとして、“TIM PIERCE”は勿論ギターで、
アルバム『GUTTERFLOWER』にクレジットされており、
“DAVID CAMPBELL”は彼らのメガヒット曲『IRIS』のストリングス・アレンジを手掛けました。

(やはり、集合をかける面子(信頼できる右腕)が似てしまうのでしょうかねぇ…)


…話を戻します。
コミカルで活気に溢れたロックナンバー、美しい旋律のソウルフルなナンバー等、
バラエティに富んだ『RENT』の楽曲群。

その根底に流れるポジティブなメッセージには胸を打たれます。

『RENT』の屋台骨“Seasons Of Love”。
これら良曲の中でも頭一つ抜きん出ている楽曲です。

Read More ? (thank u!)
[PR]
by mihhoT | 2006-04-19 08:21 | *hyper recommend

FABULOUS!!!!!!"Eastern Mixture".


Jay's own sound
e0045258_993360.jpg

“蓋”が開いて「ホッ」としたのも“つかの間”でした。
…現在、物凄~くテンションが上がっております……かなり暑いです…。

そんな訳で…今なら勢いだけで何か書けそうな気がします…。

先月の記事に…
“Jet Li主演最新作の主題歌をJay Chouが担当することに。”と書きました。
しかし…直前で歌手が変更になったりしたら、「ガセネタ記事になっちゃうなぁ…」と
少しばかり不安でした。
そんな時、「“ジェイが主題歌を担当”のニュース、私も何処かで見たよ~」と、
『Tha House of Rhyme'n Flow』めぐみさんが教えに来てくれたんです。
そのおかげで、影ながら安心して過ごしておりました。

そして先日、
ジェット・リーとジェイ・チョウが、映画『霍元甲:FEARLESS』の記者会見に揃って出席。
…以外に早く“蓋”が開き全貌が明らかに…お陰で安堵の「ホッ」をすることが出来ました。

…またしても前置きが長くなりました。
要するに…テンションが上がってしまっている理由は…非常に単純ですが…
『“その”霍元甲:FEARLESSの同名主題歌を“たった今”…聴いてしまったから』なのです…。
(記事をUPする頃には“たった今”じゃなくなっていそうですが…)


Read More ? (thank u!)
[PR]
by mihhoT | 2006-01-10 09:22 | *hyper recommend

黒色柳丁/Black Tangelin : David Tao :H.R.(*hyper recommend)#.1


David Tao
e0045258_11383061.jpg

H.R.(*hyper recommend)#.1でUPさせていただく音楽は“David Tao”

『黒色柳丁/Black Tangelin』 アルバムです。

“David Tao”は台湾人アーティストで現在、米国・L.A在住。
彼は、シンガーソングライターには違いないのですが…
もはやそんな次元では語れない程、その音楽的なフィールドは広大です。
これまでに、多種多様な人物のアルバムや楽曲を手掛けてきた天性のプロデューサー。


シンガーソングライターとしては、
自身の作曲、*作詞で、秀逸なスタジオ アルバムを四枚発表してきました。
(*作詞に関しては“相棒”が居ますが、彼もブレーンとして常に参加しております。)

プロデュースは勿論のこと…その他、細部に至るまでの監修をしている音楽職人。

『黒色柳丁/Black Tangelin』
そんな彼が2002年に発表した3rdアルバムにあたります。

米国在住の彼は『9・11』の悲劇を目の当りに。

長年、生活の基盤にしてきたアメリカが絶望と悲劇の色に染る中、
その心情に変化が起きないわけもなく……。


誤解を恐れずに書かせていただくと…

タオの中で“怒り”“悲しみ”“もどかしさ”などの『負』の感情が溢れ返り…
…暫くは“世の中”ヘの疑問ばかりではなく、自身が“音楽”をやる事の意味等など、
様々な心象に想いを巡らせたのではないでしょうか。
自身の戻る場所、やるべきことは“音楽”だと再確認したであろうタオの姿勢や熱意が
本作の“はしばし”から聞き手に伝わってきます。

前述した『負』の感情である“怒りや悲しみ”等の訴えたい感情を
押さえ込まずに創りあげられた渾身の本作。

と同時に、
このアルバムには、それら『負』の感情を包み込める程の“希望”も満ち溢れています。



Read More ? (thank u!)
[PR]
by mihhoT | 2005-11-04 12:01 | *hyper recommend