Seasons Of Love: RENT “Soundtrack”: H.R.(*hyper recommend)#.2


Five hundred twenty five thousand-
six hundred minutes~
e0045258_8124832.jpg
先頃、日本盤のサウンドトラックもリリースされ、いよいよ今月末から劇場公開される 映画版 『RENT』

H.R.(*hyper recommend)#.2は、このサントラからの1曲 『Seasons Of Love』

1996年に上演を開始した、ブロードウェイ・ミュージカルの名作『RENT』。
このミュージカル版を(ほぼ)オリジナル・キャストで“完全再現”したとされるのが、近日公開の 『映画版:RENT』

映画版サントラのプロデュース&アレンジを手掛けているのは“Rob Cavallo”。
(ちなみに、ミュージカル版のアルバムは、楽曲が舞台の流れに沿って完全収録されています)
“ROB CAVALLO”はGreen DayやGoo Goo Dollsのアルバムを手掛けたこともある、
Rock畑なプロデューサー。
アレンジも彼が担当し、ミュージカル版の“熱さ、楽曲の良さ”を損なうことなく…
“より聴き易く”仕上げています。
(決して…ミュージカル版が“聴き難い”という意味ではありません)

…少し横道に反れてしまいますが
このアルバムのMIXを担当している“DOUG McKEAN”
ストリングス&ホーン・アレンジ担当の“DAVID CAMPBELL”、そしてギター担当の“TIM PIERCE”
彼らも“ROB CAVALLO”同様、上記のGoo Goo Dollsと仕事をしています。
“DOUG McKEAN”はエンジニアとして、“TIM PIERCE”は勿論ギターで、
アルバム『GUTTERFLOWER』にクレジットされており、
“DAVID CAMPBELL”は彼らのメガヒット曲『IRIS』のストリングス・アレンジを手掛けました。

(やはり、集合をかける面子(信頼できる右腕)が似てしまうのでしょうかねぇ…)


…話を戻します。
コミカルで活気に溢れたロックナンバー、美しい旋律のソウルフルなナンバー等、
バラエティに富んだ『RENT』の楽曲群。

その根底に流れるポジティブなメッセージには胸を打たれます。

『RENT』の屋台骨“Seasons Of Love”。
これら良曲の中でも頭一つ抜きん出ている楽曲です。

Read More ? (thank u!)
[PR]
# by mihhoT | 2006-04-19 08:21 | *hyper recommend