Black Love : Afghan Whigs :*recommend (music)#.1


BLack LovE
e0045258_1483456.jpg

*recommend (music)#.1
“AFGHAN WHIGS”『Black Love』です。


“Afghan Whigs”は米国のOHIO州シンシナティーで結成された4人組。
…残念ながら、解散してしまいましたが…。

この『Black Love』は1996年にリリースされた、Whigsの*5thアルバム。
(*インディーズ時代も含む)
1998年に発表した『1965』を最後に、彼らはその歴史に終止符を打ちました…。
いいバンドだったんですが…残念です…。
“Whigsとして、全てをやり尽くした”という感じでしょうか。

さて…この『Black Love』についてですが…これが非常に黒いんです。
“タイトルに偽り無し”とは正にこの事ですね。
(彼らの命名への真意はわかりませんが…)
ロックとソウルが肩を組んで歩いているイメージ。
このアルバムは“コンセプトアルバム”で、何かの(クライム?)小説に
インスパイアされたかのような内容となっています。
(ブックレットでは、特にこれといった説明は無く…歌詞などから勝手に想像…)

白状してしまうと…このアルバムの良さが分かるまで、少し時間がかかりました。
手に入れたは良いけれど…暫くは「ピン」と来なかったんです。
多分…同時期に手に入れていた音楽が、単純明快な
『一発で耳を捕らえる型』だったから…だと。
どうしても聴き易い“そっち”に手を伸ばす事が多かったのだと思います。
しかし、気長に聴いているうちに…ある時「これは…凄い…」と
突然、このアルバムの良さに気がつくことに…。
それからというもの…聴けば聴く程にどんどん新しい味が出てきて
すっかりお気に入りの一枚となりました。

全てを聴き終えると、一冊の本や映画を消費したかのような感覚に陥ります。
正に、「終わった…」と言いたくなるような幕の閉じ方なのです。
(…「やっと終わった…」とは違いますよ…)
自然と“音”だけで物語が展開して行くさまが感じ取れます。
これは…歌詞が分かる分からないの次元ではなく
『共感』とでもいうのでしょうか…。

こんな事を感じる時…“音楽”の凄さを思い知らされます。

この『Black Love』の全編を一本の太くて黒い芯が貫いています。
ですから一枚を通しで聴いて、ようやく“一つ”という感じです。
野暮ですが…敢えて…突出して鳥肌ものな曲を挙げたいと思います。


Read More ? (thank u!)
[PR]
# by mihhoT | 2005-10-10 02:09 | *recommend